スロットで知った「バジリスク」

“「バジリスク」という作品自体、スロットで初めて知りました。
最初はなんだか知らないけど新台だから打ってみたという程度だったと思います。
ちょうど通っていたホールの休憩所にバジリスクの原作漫画が全巻置いてあったので、
立ち回りしながらの時間つぶしで読んでみたら・・ひじょうに面白かった!
ただ、スロット機の方はちょっといただけなかったかな、と思います。
登場人物をデフォルメキャラにしたのは、緊迫感ある作風を台無しにしてしまったような・・
それに僕、ミニリールって苦手なんですよね~・・
液晶で役が揃っちゃうからリール揃える楽しみが無いですもの。
(まあ、近年のスロットはそういう台が多かったのですが)
というわけで、僕は好んで打つことはほぼ無かったですが、屈指の人気台になりましたよね。
やはり原作がどうとか、台の好き嫌いをこだわってしまうと勝てませんよね、パチスロは(苦笑)
音だけは好きだったかもです。まあ、中毒性があるのってヤバイのですが・・”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする